『高校の一方的な授業がつまらない…』と感じていないですか?

こんにちは、ゼロ高代表の内藤です。

毎日学校に行って、毎日同じような授業を受けている学生は多いと思います。

勉強する楽しさがわからない。

勉強する意味がわからない。

もっと実際に役に立つことを学びたい。

一方的につまらない授業を受けていると、そのように考えるのは自然な流れでしょう。

ですが同時に、何をどうやって学べば良いのかわからないのではないでしょうか。

今回は、生徒が先生となり行っているゼロ高の授業の一部をご紹介します。あなたは小中高大と、ただ一方的に授業を受け続ける必要はありません。

ゼロ高では生徒が授業をする!?

ゼロ高では、生徒が先生となり授業を行っている時間があります。

ゼロ高生の中には、高校生ながら社会の中で活躍する生徒は少なくありません。

先日、社会で活躍する生徒から、後輩に向けて「大人との関わり方について」という授業が行われました。

社会にはどのような大人がいるのか、知らない大人からSNSの申請がきた場合はどうすれば良いのか、相手の素性を見た目から見抜く方法など。3,000文字にもおよぶ文章を書き記してくれました。

今度一緒にご飯かお茶でも行こうよ、という大人

簡単に稼げる話があるんだけど、という大人

自分と仲良くしておくと良いことあるよ、という大人

などなど…

ジェンダーギャップ指数は、世界の国々と比較しても不平等の度合いが高い日本。

そんな女性が活躍しづらい日本の中でも、学生のうちに社会で活躍する女性が増えてきました。

リテラシーの低い大人や環境に身を置かないことが一番ですが、やはり家庭や学校から離れると、良いも悪いも多様な人間と出会うことになります。

それは学生も大人も変わりません。

社会の中での身の守り方、リテラシーの向上は必須です。

ゼロ高では、月曜日を総合学習の時間とし、火曜日を基礎教養の時間としています(詳細はこちら)。

基礎教養の時間には、このように生徒が生徒に教える授業が定期的に行われています。

意味がないと感じる授業がイヤだと思う高校生のみんなには、

転入する気持ちがなくても、家族と一緒でなくても大丈夫なので、

ぜひ説明会に遊びに来てみてください。

https://www.zero-ko.com/news/briefing

ゼロ高では教えるのではなく問う、話すのではなく聞く、判断するのではなく受け入れることを大切に、学生の可能性を伸ばしていきます。

全国にいる高校生へ、尊敬と愛情を。

一覧に戻る